ケヴィン・メッツ

18歳でカリフォルニアに移住し、カル·アーツ音楽学校で西洋古典理論、現代作曲ジャズ、世界音楽を学んだアメリカの三味線の革新家、作曲家。
2000年代初め、ケビンはアメリカのカリフォルニア州ベイエリアに現れ、アメリカーナの観客に日本の三味線を紹介するミッションを開始した。
それ以来、彼は映画「カリフォルニア三味線の誕生」に出演し、欧米各地をツアーした。
2000年代初めから中期にかけて、ケビンは弘前大会と金城津軽三味線大会で複数の賞を受賞した最初の外国人の一人となり、2008年には世界的なメタルフュージョンアルバム「ゴッド·オブ·三味線」でレコードレーベルEMIジャパンでメジャーデビューを果たした。