ちあき

きり紙パフォーマー キリガミスト 千陽(ちあき)

札幌大谷短期大学 美術科デザインコース卒業後、独学で切り紙を志し、きり紙パフォーマー、 切り絵作家として活動中。

1997年9月
札幌市主催「ストリートパフォーマンスカーニバルin 大通り」にてパフォーマーデビュー。

2005年
赤れんが道庁パフォーマンスライセンス取得。

2005〜7年 札幌JRタワーアーティストフロントパフォーマーライセンス取得。
審査員特別賞受賞。

2007年
中国・北京首都師範大学国際ホールにて日中文化友好交流会ステージ及び人民大会堂レセプションステージに出演。
芸王グランプリ北海道大会準優勝

2008年
東京都公認「ヘブンアーティスト」ライセンス取得

2014~5年
JAPAN EXPO WABISABIパビリオン出演(フランス・パリ)。

2015年
北方四島交流事業にて色丹島を訪問。

2017〜19年
新道展 切り絵作品出品 入選。
イベントステージ、各種メディアへの出演、個展、展覧会出展等 多岐にわたり活動中。

*キリガミスト千陽 参加型インスタレーション作品「サンカ・サンカ」
この作品は古い日本的な要素を強く持ちながら、世代、国、言葉を越えて誰もが身近に感じ、親しみ、交流し、
お互いの個性を理解しあえる作品です。
1人でも楽しめる、知らない誰かとも楽しめる
刻々と変化していく様子を眺めているだけでも楽しめる。
そんな空間をご提供します。
「どうぞ参加してください」たいう想いがそのまま「サンカ・サンカ」という名前になっています。

キリガミストちあき

SNS

facebook

メディア

掲載記事