Ezo’n – シアワセ音頭

¥2,500 [税込]

日本各地や世界各国を巡り、磨きをかけた新生メンバーのEzo’nが放つ待望のセカンドアルバム。臨場感あるライブ音源も収録。現代的伝統サウンドを通じて、しあわせな気分に!

 

アーティスト : Ezo’n

 

発売日 : 2013年11月10日

 

1.真室川音頭
2.浜辺の歌
3.北海じょんから
4.十勝馬唄
5.道南口説
6.花笠音頭
7.太鼓Solo
8.石狩川流れ節
9.白刃
10.シアワセ音頭

 

Japanese Soulである日本の伝統文化を継承し、情緒豊かな日本の古き良き伝統音楽とその音色を、次世代や世界へと発信し、伝承する活動に熱き信念と情熱を注ぐEzo’n。
その、親しみやすく心地よい楽曲は世代を越え世界からも、とても支持が熱い。
Ezo’nのFirst Album『シアワセ音頭』は、津軽三味線 新田流二代目 新田昌弘が率いる、和太鼓 しんた、ボーカル 佐々木 優子と共に、洋楽器であるピアノや、日本の音楽教育で馴染みの深い鍵盤ハーモニカ、和の極みである尺八・篠笛・あたり鉦や、お銚子隊らで濃密に創り上げられた、気迫溢れるセッションにて、リズミカルで軽快なサウンドで、親しみやすく和を織りなす楽曲が構成されており、日本古来の様々な郷土で伝えられ、人馴染みの深い日本民謡を、Ezo’n独自の表現と斬新な切り口で、和の心を伝える集大成となっている。
『浜辺の歌』や『花笠音頭』に『十勝馬歌』など聞いた人が個々に、想いを馳せてやまない、あの人の温もりや、懐かしい情景を『今、ここに』熱く感じさせ、心温まる味わい深い作品として、世代や国を問わず親しまれている。
8曲目の『石狩川流れ節』は、各々が個性的に洗練された音色の旋律で、哀愁漂う和の心の情景をじっくりと創り出し、日本民謡の情緒溢れる愛惜の情がとても良く表現されている。
その他、躍動感あふれるソロ演奏『北海じょんから』、『太鼓Solo』に『白刃』など臨場感たっぷりなライブ音源も収録され、オリジナル曲を含む、心地よいその音調とリズムは、次世代にも受け入れやすいテイストで、ノスタルジックな匂いが駆け巡り、どの作品もその鮮烈な情景に目頭が熱くなるものばかりである。
この『シアワセ音頭』は、不思議な和の温もりの世界へと聞く人を誘い、ほっこりと優しい想いに包みこむに違いないだろう。

商品カテゴリー: