新田昌弘 – Japanese DNA 伝統solo

¥2,000 [税込]

Ezo’nリーダーで津軽三味線アーティスト「新田昌弘」がソロで熱演。「伝統」という原点に戻りつつ、新田独自の自分らしい技法と進化を、三味線一本の独奏で表現したアルバム。

 

アーティスト : 新田昌弘

 

発売日 : 2013年2月28日

 

1.津軽じょんから節(旧節)1
2.北海タント節
3.十三の砂山
4.津軽あいや節
5.こきりこ節
6.花笠音頭
7.斎太郎節
8.津軽小原節
9.津軽よされ節
10.ワイハ節
11.津軽じょんから節(旧節)2

 

津軽三味線奏者の新田流二代目 新田昌弘は、父であり師の津軽三味線奏者(弘弦流の流祖)
新田流家元 新田 弘志の意思を継承し、日本伝統民謡である津軽三味線の、新たな旋風を巻き起こし、世界各国に発信しつづけている。
独自の世界観から古来の津軽三味線に、オリジナリティー溢れるアレンジを加え、数々の楽曲製作を手がけてきた。
また、多種多様な楽器やミュージシャンとセッションも組み、様々なALBUMをリリースしてきた彼の今作は、節目の11枚目に当たる。
ALBUM【Japanese DNA〜伝統Solo〜】は、新田昌弘が再び、従来の日本民謡や津軽三味線の魂のルーツ【原点】に帰り、誰もが馴じみ深いであろう曲を、ふんだんに収録するため、新鮮な彼独自のショートアレンジが加えられ、尚且つ、伝統の奥義や主旋律をたっぷりと堪能できる、極上なハイクオリティー作品である。
『(旧節)津軽じょんがら節1』を皮切りに、2曲目『北海タント節』で瞬く間に、懐かしい想いが心を駆け巡る。
3曲目の『十三の砂山』では、ジリジリと胸を締め付け、止まない哀愁に身を焦がす。
4曲目の『津軽あいや節』は、繊細にリミックスされたモダンな音調から、津軽三味線が独自に持つ、元来の絶妙な人間臭い節へと変調していき、斬新にも古来の伝統をじっくりと堪能させられる。
5曲目の『こきりこ節』で、歓喜に高鳴る鼓動を落ち着かせ、6曲目『花笠音頭』では、大衆の心踊る情景が浮かび、胸に熱き喝采が湧き上がる。
7曲目の『黒田節』『津軽小原節』『津軽よされ節』『ワイハ節』で、ノスタルジアの絶頂にきたし、『(旧節)津軽じょんがら節2』で名残り惜しくエンディングを迎える。
『(旧節)津軽じょんがら節1』や、11曲目の『(旧節)津軽じょんがら節2』は、
津軽三味線で究極の神髄と呼べる節であり、日本民謡を極めた逸物のみぞ知りゆる、
日本のいにしえの名作である。
ALBUM【Japanese DNA〜伝統Solo〜】は正に、日本伝統の津軽三味線の師と弟子、
そして…父と子とし、その熱きDNAの魂が血統で受け継がれた軌跡であり、また、
成熟したその奥義の最高潮な集大成である。
今作は、古き良きを渇望している人々、また、日本の伝統曲をまだ知らぬ者たちの心へ、
深く慈愛の矢を放つだろう。

商品カテゴリー: