しんた

和太鼓

1985年生まれ、北海道安平町出身(安平町観光PR 雪だるま大使)。
10才より地元の太鼓グループで和太鼓を始め、18才の時から「鼓童」に3年間在籍し2006年より北海道を中心としたソロ活動を始める。
太鼓と踊りの関係に自分のスタイルを見いだし、アフリカ、ブラジル、アジア各国のダンスミュージックをアレンジした新しいスタイルは行く先々で大成功を収める。
また“太鼓マスターズ”のメンバーとして、世界バレー総合開会式や、第1回野口英世アフリカ賞」の授賞式及び記念晩餐会(天皇皇后両陛下御出席)において歴代総理大臣をはじめ、アフリカ各国の大統領や国王の前での演奏。
第4回アフリカ開発会議記念コンサートではアフリカン・パーカッション界の至宝「ドゥドゥ・ンジャエ・ローズ(人間国宝に認定)」との共演。
「ヨコハマ開港150周年祝祭コンサート」、「木蘭 ~Mulan~上海万博/上海国際芸術祭記念日中友好歌劇、「韓国・麗水世界博覧会」、「ポートランド日本庭園50周年記念式典」、スペインイビザ島での世界最大のダンスパーティーでの演奏。
ほかにもサウジアラビア、コスタリカ、トリニダード・トバゴ、ドミニカ共和国、トルコ、シンガポールなど海外でも数々の演奏を重ねる。
道内では和ポップバンド「Ezo'n」に参加し、和太鼓ユニット「音鼓衆」を結成しプロデュースする。2014、2015年と「ももいろクローバーZ~桃神祭~」やARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism東京ドーム公演に和楽器隊として参加
テレビ、ラジオ、新聞、CM出演など、メディアにも多く取り上げられ演奏活動は多岐にわたる。
学校や幼稚園など教育機関でも積極的に演奏を行い、全国ジュニアコンクール出場チーム・海外チームの指導など後継者の育成にもも力を注ぐ。
北海道から世界へ、常に新しい太鼓音楽を発信し続けている「しんた」の活動から目が離せない。

Ezo'n music 専務取締役
プロデュース、作曲家

ユニット・グループ

和心ブラザーズ

津軽三味線奏者「新田昌弘」、「菅野優斗」和太鼓奏者「しんた」「田村幸崇」
2017年に結成。
各自がソリストとして活動し、北海道を中心に道外や海外でも公演を行う。
激しさと美しい旋律を兼ね備えた「津軽三味線」、躍動感と素早いバチさばきを兼ね備えた「和太鼓」。
北海道から世界へ発信し続けている唯一無二の伝統音楽

Ezo'n

「和の音階と」と「POPサウンド」の2つを掛け合わせた"和POPバンド"「Ezo'n」。
津軽三味線の新田昌弘、和太鼓のしんた、民謡歌手の佐々木優子の3名からなる。
みな生まれも育ちも北海道で、幼い頃から伝統芸能に触れ、国内に留まらず海外でも音楽活動を行っている。
Ezo’nが創り出すポップでパワー溢れる演奏は、人が「音楽を楽しむ」とはどういうことなのかを全身で奏でて教えてくれる。
和楽器にピアノやギターでアレンジを加え、子供からお年寄りまで『老若男女楽しめる民謡』をコンセプトに、新しい時代の音楽を生み出し世に伝えている。

SNS

facebook twitter instagram

MUSIC STORE

メディア

太鼓教室

和太鼓教室

掲載記事

写真素材ダウンロード

写真、イラスト、映像、音楽素材、テキスト等本サービス上の素材は一切、当社又は当該素材の権利者に帰属するものであり、著作権法を含む知的財産権に関する法の下、保護されています。
適切な許諾を取得することなく、これらを無断で使用することは、法律の下、禁じられています。