新田昌弘(にった まさひろ)

津軽三味線 新田流二代目

北海道札幌市出身。父、新田流家元「新田弘志」に影響を受け14歳から津軽三味線を始め、7ヶ月後に1998年津軽三味線東京大会中高生の部で優勝。
その後2000年、01年、02年の全国大会で連覇。

海外公演ではアメリカ、ベルギー、アイルランド、ロシア、スペイン、メキシコ、韓国、ベトナム、タイ、フィリピン、ラオス、コスタリカ、トリニダードトバゴ、ドミニカ共和国、トルコなど世界各国で演奏。
又、サウジアラビアでは国王主催の「ジャナドリア祭」に招待され国際交流基金を通じて国際文化芸術交流に貢献し、二度に渡ってサウジアラビアで演奏。
個人のみならず父とのユニット「新田親子」としてペンシルバニア大学からの要請で伝統文化のレクチャーを務める。
津軽三味線DUOユニット[OYAMA×NITTA]としては2011年小沢征爾氏が芸術監督をする「JapanNYC」inカーネギーホールで津軽三味線だけのフルコンサートを実現。
翌日米国で有名な「The New York Times」の一面に掲載。

独自に研究した匠なテクニックで様々な楽器とのコラボで津軽三味線の魅力を多いに発揮するコラボ三味線奏者として活動する中、舞台音楽の作曲や編曲、映画出演(オーバードライブ)など幅広く活動する。
教育的活動では公益財団法人日本青少年文化センターからの要請で十年以上に渡り全国各地の小中学校にて公演を行っている。
インターネットでは、国際三味線協会「Bachido(撥道)」を発足に携わり、サンフランシスコや、ドイツでワークショップを開催するなど、海外の人向けに三味線奏者育成を行っている。
北海道の活動では地元の小中学校の公演を始め、和POPバンド「Ezo'n」を結成し、古典的な楽曲をアレンジし若い世代に向けた音楽を発信。
又、独自に「札幌国際三味線フェスティバル」を開催するなど、伝統音楽の継承活動に力を入れている。
「嵐/ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism」札幌ドーム公演に三味線隊の一員として参加。

Ezo'n music 代表取締役 社長
津軽三味線 三絃道 新田流 二代目、プロデュース、作曲家

ユニット・グループ

新田親子

津軽三味線「新田流」家元・新田弘志と、その二代目・新田昌弘の親子三味線ユニット。
父・弘志を見て育った子・昌弘は、父に憧れて三味線を始め、親子ともに津軽三味線において日本トップの座に登り詰めている。
その2人が奏でる力強く心にしみる音色は、音楽を通して心を通わせ父と子で対話をしているよう。親子で演奏する喜び、そして互いへの信頼、2人を見ればまさにそこに「絆」という深い結びつきがある。
北海道から津軽三味線を世界に発信し続けている、唯一無二の親子ユニット。
全国の教育機関などからも高い評価を受けている。

和心ブラザーズ

津軽三味線奏者「新田昌弘」、「菅野優斗」和太鼓奏者「しんた」「田村幸崇」
2017年に結成。
各自がソリストとして活動し、北海道を中心に道外や海外でも公演を行う。
激しさと美しい旋律を兼ね備えた「津軽三味線」、躍動感と素早いバチさばきを兼ね備えた「和太鼓」。
北海道から世界へ発信し続けている唯一無二の伝統音楽

Ezo'n

「和の音階と」と「POPサウンド」の2つを掛け合わせた"和POPバンド"「Ezo'n」。
津軽三味線の新田昌弘、和太鼓のしんた、民謡歌手の佐々木優子の3名からなる。
みな生まれも育ちも北海道で、幼い頃から伝統芸能に触れ、国内に留まらず海外でも音楽活動を行っている。
Ezo’nが創り出すポップでパワー溢れる演奏は、人が「音楽を楽しむ」とはどういうことなのかを全身で奏でて教えてくれる。
和楽器にピアノやギターでアレンジを加え、子供からお年寄りまで『老若男女楽しめる民謡』をコンセプトに、新しい時代の音楽を生み出し世に伝えている。

SNS

facebook

MUSIC STORE

メディア

作曲・アレンジ音源サンプル

鶴と亀(for KURO)

友達の鳥(ケビン&新田)

倭奏 Wakka2019

しあわせ音頭(季実の里町内会バージョン)

掲載記事

写真素材ダウンロード

写真、イラスト、映像、音楽素材、テキスト等本サービス上の素材は一切、当社又は当該素材の権利者に帰属するものであり、著作権法を含む知的財産権に関する法の下、保護されています。
適切な許諾を取得することなく、これらを無断で使用することは、法律の下、禁じられています。