新田昌弘(にった まさひろ)

Ezo'n music 代表取締役 社長
津軽三味線 三絃道 新田流 二代目、プロデュース、作曲家

北海道札幌市出身。父、新田流家元「新田弘志」に影響を受け14歳から津軽三味線を始め、7ヶ月後に1998年津軽三味線東京大会中高生の部で優勝。
その後2000年、2001年、2002年の東京と青森県で行われた津軽三味線全国大会で連覇。

海外公演ではアメリカ、カナダ、ベルギー、アイルランド、ロシア、スペイン、アイルランド、メキシコ、韓国、ベトナム、タイ、フィリピン、ラオス、台湾、コスタリカ、トリニダードトバゴ、ドミニカ共和国、メキシコ、トルコ、サウジアラビアなど世界各国で演奏。
又、サウジアラビアでは国王主催の「ジャナドリア祭」に招待され国際交流基金を通じて国際文化芸術交流に貢献し、二度に渡ってサウジアラビアで演奏。
父とのユニット「新田親子」としてペンシルバニア大学からの要請で1ヶ月間にも及ぶツアーと大学で伝統文化のレクチャーを務める。
津軽三味線DUOユニット[OYAMA×NITTA]としては2011年小沢征爾氏が芸術監督をする「JapanNYC」inカーネギーホールで津軽三味線だけのフルコンサートを実現。
翌日米国で有名な「The New York Times」の一面に掲載される。
2005年には沖縄唄者のよなは徹と「題名の無い音楽会」に出演する。
2013 年にはラテンアメリカ最大規模の音楽祭であるセルバンティーノ国際芸術祭(メキシコ)に招聘される。
独自に研究した匠なテクニックで様々な楽器とのコラボを経て、津軽三味線の魅力を多いに発揮する「コラボ三味線奏者」として活動する中、舞台音楽の作曲や編曲、映画出演(オーバードライブ)など幅広く活動する。
コミュニティサイト『国際三味線協会「Bachido(撥道)」現在会員数3000人以上』海外販売部長を担当。いままで海外に送った三味線は60カ国200本以上にもなる。又、各国で三味線ワークショップを開催するなど、海外の人向けに三味線奏者育成も行っている。
自身がプロデュースした「札幌国際三味線フェスティバル」「札幌和楽器フェスティバル」を開催するなど主催コンサートでも大きな成功をおさめた。毎年よさこいソーランチームの曲には三味線レコーディングがあり、今までに30チーム以上録音する。
2015年「嵐/ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism」札幌ドーム公演に三味線隊の一員として参加。
教育的活動では公益財団法人日本青少年文化センターからの要請で15年以上に渡り全国各地の小中学校にて公演を行っている。
北海道の活動としては小中高の学校公演を始め、和POP音楽団「Ezo'n」をプロデュースし古典的な楽曲をアレンジし若い世代に向けた音楽を発信をする。
その他、ゲーム、CM等レコーディングやテレビ出演、サウンドプロデュース、指導など その活動の幅は広く多方面のジャンルにおいて活躍中である。
父から受け継いだ伝統継承とともに、津軽三味線や民謡の魅力を伝えるため、革新的な新しいサウンドを生み出し続けている。

共演者(順不同)

渡辺香津美 /梅津 和時/ 佐山雅弘/ ヒダノ修一 / 高橋ゲタ夫 /八木のぶお/鳴瀬 喜博/神保彰 /嵐 /瀬川英子/長山洋子/金沢朋子/さくらまや/石原詢子/三山ひろし/鬼太鼓座/市川染五郎(現 松本幸四郎)/劇団荒城/武田鉄矢/前山真吾/池田卓/越智ブラザース//嵯峨治彦/出口煌玲/ソーランドラゴン/大平 啓朗(全盲の写真家)/壱打/関西フィルハーモニー音楽団/KOH Mr.Saxman/Alison Brown/John Williams/ Dean Magraw など。

年歴

2000年

・高校生で「SHAMISEN KID」リリース。

2001年

・NHK-BS「ジャパネスクな男たち」にて歌舞伎役者の市川染五郎、日本画家の千住博、ジャズギターリストの渡辺香津美と競演。長山洋子とも競演。
・King Recordsから「SOU」をリリース。

2002年

・最初の「日韓交流祭(韓国)」に出演。
・King Records「YUKI」をリリース。

2003年

・「J-ASEAN POP’s Concert(バンコク)」に参加。
・NHK日本賞記念「地球名曲コンサート」にゲスト出演。 ・邦楽ジョッキー 義太夫「さるかに合戦」に出演。
・NHKことばおじさんの気になることばのオープニング曲に三味線を録音。

2004年

・「アジア舞台芸術祭(ベトナム)」に出演。
・日中友好協会主催「シルクロードの響き」にゲスト出演。
・Sony Recordsから『匠』『和心』『ra』をリリース。
・映画『オーバードライブ』では「大石誠一郎」の役で出演。
・スタジオパークからおめでとう2004 に出演。オペラ歌手 岡本知高と共演)

2005年

・国際交流基金主催の東南アジア3カ国ツアー(フィリピン、タイ、ラオス)でコンサート実施。
・ペンシルバニア大学の招へいによりアメリカツアーでコンサートや大学でのレクチャーを1ヶ月間務める。
・『題名のない音楽会』に出演。
・スタジオパークからこんにちは に出演。

2006年

・ギターリストDean MagrawとJapanツアーを行う。
・カルフォルニア州で1ヶ月間のライブツアーを行う。

2007年

アイルランドで『日・アイルランド外交関係解説50周年記念新田昌弘コンサート』を行う。(Cork/Dublin/Buncrana)
・それいけ!民謡うた祭り に出演。

2008年

・PACO芸術祭でイラク音楽の巨匠「FAWZY AL-AIEDY」と横浜&京都で共演する。
・ロシア(モスクワ、サンクトペテロブルグ)で舞踏家「雪雄子」のゲストサポートを努める。
・地域発!ぐるっと日本 ドキュメント挑戦「三味線 イズ マイドリーム~青森県・五所川原市」で放映。

2009年

・国際交流基金主催 ベトナム公演に出演。
・Monsters Of Shamisen(カルフォルニア&ロサンゼルス)で1ヶ月間ツアーをする。
・「釣りバカ日誌20ファイナル」に三味線を録音。

2010年

・アメリカ [OYAMAxNITTA] (NY, TN, GA)
・アメリカ [OYAMAxNITTA] (NY, KN, TN)
・芸術見本市APAP(ニューヨーク、ナッシュビル、アトランタ)
・六本木ヒルズアリーナにて「한일축제日韓交流おまつり한마당 2010 in Tokyo」に出演。

2011年

・アメリカ [OYAMAxNITTA] (JapanNYC NYカーネギーホール主催、カーネギー ザンケルホール、Abrons Art ・Center)
アメリカ [OYAMAxNITTA] (TX) 
・アメリカ [OYAMAxNITTA] (73rd National Folk Festival)
中米ツアー[コスタリカ / ドミニカ 共和国/ トリニダードトバゴ ][OYAMAxNITTA+Special Members]3か国5都市を巡る
・サウジアラビア国王主催『ジャナドリア祭』に招待されサウジアラビアで2週間出演する。

2012年

アメリカ [OYAMAxNITTA] (TN,MS,KY)
国際交流基金日本文化紹介派遣事業にてトルコでのコンサートやサウジアラビアの総領事公邸にて演奏。
・サンタクルーズでBenefit Concert for Japanese Cultural Fair--Santa Cruzに出演。
・メキシコ[OYAMAxNITTA+Special Members] (セルバンティーノ国際芸術祭)に出演。

2014年

・映画「神さまの言うとおり 」に三味線を録音。

2015年

・子供たちへ和楽器の音色を伝える「和の心を子供たちへ、未来へ」を共催。

2016年

Kurofune Ensemble に出演。(函館)
・ドイツで三味線のワークショップの講師として招聘される。

2017年

・ドイツ [OYAMAxNITTA] (2都市)
・ポートランドジャパニーズガーデンで演奏。[SHINTA×NITTA]
・世の光ラリー&ライフラインツアーにて道内8箇所でツアーをする。
・台湾の「太鼓フェスティバル」に参加する。

2018年

・カナダ で永田社中のコンサートのゲスト出演。

2019年

・札幌和楽器フェスティバルを主催する。
・ポートランド[nittashinta] 姉妹都市60周年記念式典出演。
・しんたと15周年記念の「原点回帰ツアー」を実施する。CDリリース
sony music(匠、RA、和心)キングレコード(sou、yuki)shamisen kid、Ezon’n music (新田親子「絆」、sawarabi、しあわせ音頭、三味線賛美、歌姫、軌跡、japanese DNA、モンスターズオブ三味線)他参加アルバム多数。

ユニット・グループ

新田親子

津軽三味線「新田流」家元・新田弘志と、その二代目・新田昌弘の親子三味線ユニット。
父・弘志を見て育った子・昌弘は、父に憧れて三味線を始め、親子ともに津軽三味線において日本トップの座に登り詰めている。
その2人が奏でる力強く心にしみる音色は、音楽を通して心を通わせ父と子で対話をしているよう。親子で演奏する喜び、そして互いへの信頼、2人を見ればまさにそこに「絆」という深い結びつきがある。
北海道から津軽三味線を世界に発信し続けている、唯一無二の親子ユニット。
全国の教育機関などからも高い評価を受けている。

和心ブラザーズ

津軽三味線奏者「新田昌弘」、「菅野優斗」和太鼓奏者「しんた」「田村幸崇」
2017年に結成。
各自がソリストとして活動し、北海道を中心に道外や海外でも公演を行う。
激しさと美しい旋律を兼ね備えた「津軽三味線」、躍動感と素早いバチさばきを兼ね備えた「和太鼓」。
北海道から世界へ発信し続けている唯一無二の伝統音楽

OYAMA×NITTA

小山流三代目「小山豊」と新田流二代目「新田昌弘」、 ともにトップ奏者として津軽三味線界をリードする2人の個性が1つの音になったときに、今までに無いものが生み出される。
そんな若きふたりの自由自在のセッションは、伝統曲とオリジナル曲ともに、三味線の可能性を大きく開いてみせる。
2010年には、2度のアメリカツアーを大成功させ、また、現地のミュージシャンとのセッションも行った。
2011年3月には、ニューヨークのカーネギーホール主催イベントでのフルコンサートも大成功させ、NY TIMESでも絶賛された。

Ezo'n

「和の音階と」と「POPサウンド」の2つを掛け合わせた"和POPバンド"「Ezo'n」。
津軽三味線の新田昌弘、和太鼓のしんた、民謡歌手の佐々木優子の3名からなる。
みな生まれも育ちも北海道で、幼い頃から伝統芸能に触れ、国内に留まらず海外でも音楽活動を行っている。
Ezo’nが創り出すポップでパワー溢れる演奏は、人が「音楽を楽しむ」とはどういうことなのかを全身で奏でて教えてくれる。
和楽器にピアノやギターでアレンジを加え、子供からお年寄りまで『老若男女楽しめる民謡』をコンセプトに、新しい時代の音楽を生み出し世に伝えている。

SNS

facebook instagram

MUSIC STORE

メディア

作曲・アレンジ音源サンプル

鶴と亀(for KURO)

友達の鳥(ケビン&新田)

倭奏 Wakka2019

しあわせ音頭

雪跡エンディング

春駒

東の道

掲載記事

写真・音源素材ダウンロード

写真、イラスト、映像、音楽素材、テキスト等本サービス上の素材は一切、当社又は当該素材の権利者に帰属するものであり、著作権法を含む知的財産権に関する法の下、保護されています。
適切な許諾を取得することなく、これらを無断で使用することは、法律の下、禁じられています。