小室孝太(こむろ たかひろ)

10歳から「釧路太平洋太鼓保存会」で太鼓を始める。
2013年よりよさこいチーム「Oh!愛で隊」で演奏する
2017年 観光客向けのイベント「GOTCHA」で太鼓演奏を一年務める。
2018年 韓国の済州島(チェジュ島)にて日韓文化交流会『第 57 回 眈羅文化祭』で和演奏し、日本の文化を発信する。
ミルクも缶を使った音楽集団「ミルキーカンカンズ」にも入団。
2019年「和の心を子供達へ、未来へ」のイベントでアクションヒーロー(ソーランドラゴン)と共に子供達へ太鼓の指導をする。
また、『ラグビーワールドカップ2019日本大会』において幌ドームにて総観客数7万人を前に、選手入場での演奏を披露する。
「Ezo’n music太鼓教室」の運営をしつつ、学校で太鼓のワークショップをするなど和太鼓の普及活動にも力を入れている。
持ち前の「人に好かれやすい明るい性格」が若い世代にも人気があり、和太鼓奏者としても、指導者としても今後期待が高まる。
2018年Ezo’n music 入社。
現在、札幌龍谷学園高等学校で太鼓教師を務める。

ユニット・グループ

風林火山


和pop音楽団Ezo'n

2011 年「大切な人と聴きたい民謡」を合言葉に、メンバー全員が生まれ育った北海道を拠点に結成。Ezo’n が奏でる音楽は、日本各地で大切に継承されてきた民謡をアレンジし、お爺ちゃん、お婆ちゃん、お子さんからお孫さんまで楽しめるコンサートとして行く先々で評判が高く、現在までコンサートホールや学校、企業のレセプションパーティーなど数多くの演奏を行う。
2020年よりメンバーを入れ替え「和POP音楽団Ezo’n」として新たにスタート。リーダはテレビ東京のTHE カラオケバトルに出場し、民謡の全国大会でも優勝する令和の歌姫「竹野留里」
他メンバーも幅広い活動を行なっており、パフォーマーへの楽曲提供、お店のCMソング作曲、若手ながら津軽三味線の全国大会での入賞や、2019ラグビーW杯札幌ドーム選手入場時の演奏、第7回スペシャルオリンピックストーチランイベントや、海外でも演奏を行うなど実力派の若手メンバーが揃う。
大好きな民謡、和楽器を新たな感性で磨き「和POP音楽団Ezo’n」としての新たな音楽活動がスタートする。

SNS

facebook

メディア

太鼓教室

和太鼓教室