伝統音楽の継承・教育・総合プロモーション

所属アーティスト

新田昌弘

新田 昌弘 -Masahiro Nitta-

津軽三味線 新田流二代目

北海道札幌市出身。S59年2月29日生まれ。父、新田流 家元「新田弘志」に影響を受け14歳から津軽三味線を始め、7ヶ月後に1998年津軽三味線東京大会中高生の部で優勝する。その後2000年、01年、02年の全国大会で連覇する。海外公演ではアメリカ、ベルギー、アイルランド、ロシア、スペイン、メキシコ、韓国、ベトナム、タイ、フィリピン、ラオス、コスタリカ、トリニダードトバゴ、ドミニカ共和国など世界各国で演奏する。又、サウジアラビアでは国王主催の「ジャナドリア祭」に招待され国際交流基金を通じて国際文化芸術交流に貢献し、二度に渡ってサウジアラビアで演奏する。個人のみならず父とのユニット「新田親子」としてペンシルバニア大学からの要請で伝統文化のレ クチャーを務める。津軽三味線DUOユニット[OYAMA×NITTA]としては2011年小沢征爾氏が芸術監督をする「JapanNYC」inカーネギーホールで津軽三味線だけのフルコンサートを実現。翌日米国で有名な「The New York Times」の一面の載る。独自に研究した匠なテクニックで様々な楽器とのコラボで津軽三味線の魅力を多いに発揮するコラボ三味線奏者として活動する中、舞台音楽の作曲や編曲、映画出演(オーバー津軽三味線 新田昌弘 Masahiro Nittaドライブ)など幅広く活動する。教育的活動では公益財団法人日本青少年文化センターからの要請で十年以上に渡り全国各地の小中学校にて公演を行っている。インターネットでは、国際三味線協会「Bachido(撥道)」を発足に携わり、サンフランシスコや、ドイツでワークショップを開催するなど、海外の人向けに三味線奏者育成を行っている。北海道の活動では地元の小中学校の公演を始め、「YOSAKOI ソーラン祭り」の作曲、和POPバンド「Ezo'n」を結成し、古典的な楽曲をアレンジし若い世代に向けた音楽を発信、又、独自に「札幌国際三味線フェスティバル」を開催するなど、「伝統音楽の継承活動に力を入れている。昨年の12月には「嵐/RASHI LIVE TOUR 2015 Japonism」札幌ドーム公演に三味線隊の一員として参加。

プロフィール写真をまとめてダウンロード

  
しんた

しんた -Shinta-

和太鼓

1985年生まれ、北海道安平町出身(安平町観光PR 雪だるま大使)。10才より地元の太鼓グループで和太鼓を始め、18才の時から「鼓童」に3年間在籍し2006年より北海道を中心としたソロ活動を始める。太鼓と踊りの関係に自分のスタイルを見いだし、アフリカ、ブラジル、アジア各国のダンスミュージックをアレンジした新しいスタイルは行く先々で大成功を収める。また“太鼓マスターズ”のメンバーとして、世界バレー総合開会式や、第1回野口英世アフリカ賞」の授賞式及び記念晩餐会(天皇皇后両陛下御出席)において歴代総理大臣をはじめ、アフリカ各国の大統領や国王の前での演奏。第4回アフリカ開発会議記念コンサートではアフリカン・パーカッション界の至宝「ドゥドゥ・ンジャエ・ローズ(人間国宝に認定)」との共演。「ヨコハマ開港150周年祝祭コンサート」、「木蘭 ~Mulan~上海万博/上海国際芸術祭記念日中友好歌劇、「韓国・麗水世界博覧会」、「ポートランド日本庭園50周年記念式典」、スペインイビザ島での世界最大のダンスパーティーでの演奏。ほかにもサウジアラビア、コスタリカ、トリニダード・トバゴ、ドミニカ共和国、トルコ、シンガポールなど海外でも数々の演奏を重ねる。
道内では和ポップバンド「Ezo'n」に参加し、和太鼓ユニット「音鼓衆」を結成しプロデュースする。2014、2015年と「ももいろクローバーZ~桃神祭~」やARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism東京ドーム公演に和楽器隊として参加するなどテレビ、ラジオ、新聞、CM出演など、メディアにも多く取り上げられ演奏活動は多岐にわたる。学校や幼稚園など教育機関でも積極的に演奏を行い、全国ジュニアコンクール出場チーム,海外チームの指導など後継者の育成にもも力を注ぐ。
北海道から世界へ、常に新しい太鼓音楽を発信し続けている「しんた」の活動から目が離せない。
公式ブログ

プロフィール写真をまとめてダウンロード

佐々木優子

佐々木 優子 -Yuko Sasaki-

ヴォーカル

旭川市出身。三味線の家元である父の影響を受け、幼少の頃より民謡を歌い始める。2001年第11回石狩川流れ節全国大会名人位を始め、2004年 第55回全道民謡決勝大会北海道民謡の部優勝。2011年第28回十勝馬唄全国大会名人位などなど、数々の賞を受賞。2006年には中国ハルビン市で行われた“旭川市ハルビン市姉妹都市10周年記念イベントに出演。『語り継いでいかなくてはならない伝統文化へ』をテーマに、小中学校へ特別授業講師として参加するなど、民謡の魅力を国内外問わず、現代に伝えて行く事に力を注いでいる。

プロフィール写真をまとめてダウンロード

新田弘志

新田 弘志 -Hiroshi Nitta-

津軽三味線 新田流家元

1997 年に競合ひしめく「津軽三味線全国東京大会」で見事総合優勝。日本一の座に輝く。1998年4月より全国に散らばる優秀な若手演奏家とともに「新田弘志と若獅子たち」と銘打ち独自の創作・展開などを繰り広げたプロデュースコンサートをする。1999年には津軽三味線全国金木大会において、弟子達と共に津軽合奏曲(北の響き)で優勝する。また、(息子)新田昌弘との親子舞台でもイベントやコンサートで全国を行脚中。NHK TV、BS、ラジオ、出演。舞台及びレコーデイング等、幅広い分野で活躍している。2003年日韓交流祭では、聞き手の奥深くに届くブルージーな音色が特徴や、テクニックにおいて他の追従を許さないその演奏が高い評価を得、日本の文化交流に大きな役割りを果たした。HTBのキャラクターONちゃんの曲「音ちゃん音頭」を作曲。2004年アジア3カ国絆ツアー(タイ、フィリピン、ラオス)を実現。2005年には国際国流基金、ペンシルバニア大学の要請により日本伝統芸能のレクチャーやアメリカコンサートツアーを実現。後進の育成に尽力する現在も編曲・作曲等を次々と創造するなどプロデュースでも幅広く活躍している。
受賞歴
1997年 津軽三味線全国東京大会 総合優勝
2001年 第4回津軽三味線全国東京大会  審査員奨励賞
2002年 第5回津軽三味線全国東京大会  優秀賞

プロフィール写真をまとめてダウンロード

ユニット・グループ

新田昌弘

新田親子 -Nitta Oyako-

津軽三味線「新田流」家元・新田弘志と、その二代目・新田昌弘の親子三味線ユニット。父・弘志を見て育った子・昌弘は、父に憧れて三味線を始め、親子ともに津軽三味線において日本トップの座に登り詰めている。その2人が奏でる力強く心にしみる音色は、音楽を通して心を通わせ父と子で対話をしているよう。親子で演奏する喜び、そして互いへの信頼、2人を見ればまさにそこに「絆」という深い結びつきがある。北海道から津軽三味線を世界に発信し続けている、唯一無二の親子ユニット。全国の教育機関などからも高い評価を受けている。


参考動画

和心ブラザーズ

和心ブラザーズ -Wakokoro Brothers-

津軽三味線の新田昌弘と和太鼓しんたのユニット。和楽器は個の力が強く、単体でも音楽が成り立ってしまうもの。しかし、「新田しんた」は津軽三味線のハリのある音色と、和太鼓の温かい響きがうまく溶け合い、2つでひとつの音楽を創り上げ、お互いがなくてはならない存在に。それぞれ国内のみならず海外へもその活動を広げている。ゲストにピアノやギターなどの洋楽器が入り、ポップでリズミカルに、ときにはしっとりと。和楽器に 親しみの薄い若い世代にも、今を生きる伝統ある音楽を伝える。

Ezo'n

Ezo'n

「和の音階と」と「POPサウンド」の2つを掛け合わせた"和POPバンド"「Ezo'n」。 津軽三味線の新田昌弘、和太鼓のしんた、民謡歌手の佐々木優子の3名からなる。みな生まれも育ちも北海道で、幼い頃から伝統芸能に触れ、国内に留まらず海外でも音楽活動を行っている。Ezo’nが創り出すポップでパワー溢れる演奏は、人が「音楽を楽しむ」とはどういうことなのかを全身で奏でて教えてくれる。和楽器にピアノやギターでアレンジを加え、子供からお年寄りまで『老若男女楽しめる民謡』をコンセプトに、新しい時代の音楽を生み出し世に伝えている。

三味線隊

三味線隊 -Syamisentai-

津軽三味線新田流三味線隊は2015年に本場である青森県弘前市市民会館にて行われた第34回津軽三味線世界大会にてAグループ10人以上よりの強豪の集まる中、見事、優勝を果たした。その大会にて演奏した曲は家元新田弘志と二代目新田昌弘と二人で精魂を込めて作曲した曲、奏 である。又他の曲で北の響き・絆・は世界の三味線奏者達の人気の的でもある。メンバー:新田弘志・坪川郭彰・木村洋・阿部遥・加藤大誠

提携アーティスト

内村匡成

内村 匡成 -Masanari Uchimura-

尺八

北海道函館市出身。幼少の頃より両親から民謡を習い始める。 14歳から尺八研究会和楽泉主宰 林成道師に師事し、数々のステージで演奏を重ねる。平成24年には師範を認定され、更に演奏に磨きをかける。最近では民謡の伴奏者としてはもちろんのこと、道内を中心にソリストとして、洋楽器、日本舞踊、アイヌ音楽ほか、、、あらゆるジャンルとのコラボレーションも積極的に行う。尺八の音に惹かれ、それを次世代へと繋いでいく今後の活動が益々期待される。

OYAMA×NITTA

OYAMA×NITTA

津軽三味線

小山流三代目「小山豊」と新田流二代目「新田昌弘」、ともにトップ奏者として津軽三味線界をリードする2人の個性が1つの音になったときに、今までに無いものが生み出される。そんな若きふたりの自由自在のセッションは、伝統曲とオリジナル曲ともに、三味線の可能性を大きく開いてみせる。2010 には、2度のアメリカツアーを大成功させ、また、現地のミュージシャンとのセッションも行った。2011 年3月には、ニューヨークのカーネギーホール主催イベントでのフルコンサートも大成功させ、NY TIMES でも絶賛された。

NY TIMES記事

香澄KAZUMI

香澄KAZUMI -KAZUMI-

ヴォーカル

本名:木村香澄(きむら かずみ)。北海道江差町生まれ。8歳の時、江差追分を習い始め、翌年の江差追分全国大会子供の部に出場し3年連続優勝。一般の部では17才という若さで第29回江差追分全国大会で優勝。その他、歌手「マリアカラス」出身のイギリスのコンクール「スランゴスレン国際音楽祭」では日本人初の優勝、第3回秋田長持ち唄全国大会でも優勝の経験を持つ。また、白鶴の製品「鶴姫」のCMソングや日本ハム×千葉ロッテ戦の国歌斉唱、元YMO細野晴臣氏や宇崎竜童氏など、ジャンルを問わないアーティストの作品にも参加。大黒摩季氏プロデュースによる「ソーランBeat」は、YOSAKOIソーラン祭り公式応援ソングにもなっている。現在は2004年より、地元北海道のSTVラジオにて「香澄の江差恋い唄」の番組を担当している他、国内外を問わず、民謡の伝承普及活動のため、ジャンルを超えた新しいスタイルの民謡など、地元江差町より発信をしている。

香澄KAZUMI ホームページ

菅野優斗

菅野優斗 -Yuto Kanno-

津軽三味線

平成7年12月31日 旭川市出身。幼い頃より津軽三味線や日本民謡を身近に育つ。物心がついた11歳より、祖父である日本民謡三絃 菅野孝山流 家元 菅野孝山と父 二代目 菅野孝山から本格的に津軽三味線の基礎を学び、親子三代演奏で国内外と舞台活動を繰り広げる中、独自の奏法・音色を身につける。抜群の演奏力を武器に全国大会にも出場。ジュニアの部優勝、A級男性の部優勝と素晴らしい成績を残す。2012年、日本武道館にて開催された津軽三味線グランプリ大賞にて「初代グランプリ」を受賞。2016年、津軽三味線の本場青森県で開催された第10回津軽三味線日本一決定戦にて見事「第8代 日本一」に輝いた。2017年、第20回津軽三味線コンクール全国大会でも見事「優勝」を獲得。若い世代にもっと日本伝統芸能に興味を持って欲しいという強い願意を込め、古典音楽を守りつつも、多彩な楽器・アーティストと共演し、津軽三味線の可能性を日々広げる若き津軽三味線奏者。

佐藤秀悌

佐藤 秀悌 -Hideyoshi Sato-

尺八

7歳から民謡を唄い、11歳の変声期に尺八と出会う。民謡伴奏を中心に演奏活動を広げ、ステージ出演も多数。中国西安市、カーネギーホールでの演奏の他、YOSAKOIソーラン祭りの楽曲にも数多くレコーディング。 日本郷土民謡協会尺八グランプリ初代日本一。

小路流民謡尺八道「皆伝総師」・日本郷土民謡協会「鴎優会」支部長・会主・北海道民謡連盟公認唄「大師範」・北海道民謡連盟公認尺八「大師範」・日本郷土民謡協会公認「教授」

平成24年 第44回北海道新聞杯全道民謡決勝大会江差追分の部優勝・第52回日本郷土民謡民舞全国大会(主催:一般財団法人日本郷土民謡協会)・第1回尺八グランプリの部グランプリ大賞(日本一)受賞・平成25年 夕張国際ファンタスティック映画祭オープニングアクト(ソロ演奏にて開幕)・平成25年 夕張市市長奨励賞 拝受

田村幸崇

田村 幸崇 -Yukitaka Tamura-

和太鼓

1989年生まれ。北海道安平町出身。10歳の頃に地元の太鼓チームに所属、和太鼓と出会う。2013年にプロとして活動を始めた。演奏だけではなく作曲・太鼓チームの指導も行っている。翌年2014年には海外シンガポールで演奏を行う。2015年には初の主演コンサートを成功させ、約200人を動員し会場を大いに沸かせた。同年フレンチ料理界の巨匠『三國清三シェフ』の祝賀会そして『ARASHI LIVE TOUR 2015 japonism』札幌ドーム公演和楽器隊の一員として演奏。その他、FM north wave千歳アウトレットモールレラ、札幌美容共同組合、札幌菊まつり、札幌よさこいソーラン祭り、鶴雅ウィングス、キロロ・トリビュート・ポートフォリオ・ホテル等で演奏。北海道若手奏者の中で最も勢いがある打ち手これからの活躍が期待されている

ヒダノ修一with太鼓マスターズ

ヒダノ修一with太鼓マスターズ

21世紀の太鼓界をリードする世界的太鼓ドラマー・ヒダノ修一を中心に2006 年に結成。各地の注目の太鼓奏者たちによって編成された太鼓ソリスト集団で、特に日本政府主催事業や国際的な式典には欠かすことは出来ない存在。その絶妙なバランスで構成された緩急自在なステージは、圧倒的な音圧と重厚感、美しく繊細なバチさばきと超絶技巧の数々で、観る者の目を奪い…やがて感動へと誘う。太鼓本来の魅力を損なうことなく世界各国の根源的なリズム文化の融合も成功しており、独自の〈言葉を使わない太鼓ジョーク〉もふんだんに取り入れ、世界各地で観客を爆笑の渦に巻き込んでいる。2015年〜2016年/国民的アイドル[嵐]の全国ツアーに参加。2014年〜2016年/ももいろクローバーZの巨大イベントに参加。2016年/ウィーンのIAEA主催の舞踏会オープニングセレモニーで演奏。2015年/文化庁助成 中米5ヶ国ツアー。2014年/ユネスコ主催「International Jazz Day」に出演。2012年/国際交流基金主催 アフリカ3ヶ国ツアー2012年/韓国・麗水世界博覧会JAPAN DAY開会式。2008年/「第1回野口英世アフリカ賞」記念晩餐会にて、天皇皇后両陛下の御前で演奏。2007年/北京・日中国交正常化35周年式典。2006年/世界バレー開会式

前山真吾

前山 真吾

奄美大島・名瀬出身。1983年生まれ。19歳のとき偶然耳にしたシマ唄に衝撃を受け、19歳から伝統音楽の世界へ。古くからの曲目が数多く伝わる宇検の唄者、石原久子に師事し、数多くの唄と歌詞を学んだ。2005年に奄美民謡大賞の新人賞を受賞し、2006年には奄美シマ唄のコンピレーション・アルバム『マジムン』に参加。同年、初のCD「星降ル島ヌ唄」を発売する。2008年にはロザンゼルス、2009年には「中央アジアコーカサスツアーにてウズベキスタン、トルクメニスタン、アゼルバイジャン、グルジアの4カ国巡回公演」に参加。中でもウズベキスタンの民俗音楽歌手、yulduz turdieva(ユルドウス トルティーバ)との唄掛け(奄美シマ唄&ウズベキ民謡)セッションには大きな反響をよんだ。ほかにもサウジアラビア最大の祭典「ジャナドリヤ祭」、世界の伝統音楽国際会議にてシマ唄を披露。過去には奄美民謡大賞、最優秀賞(2008年)、奄美民謡大賞、大賞(2011年)を受賞するなど華やかしい経歴を兼ね備える。現在は、地元の老人保健施設にてケアマネージャーとしての仕事の傍ら、奄美大島をベースに島内から全国、世界まで、精力的な活動を続けている。

山本裕美子

山本 裕美子 -Yumiko Yamamoto-

1歳の頃より、父親(日本民謡協会教授 北海道民謡連盟最高師範 北海道大衆歌謡連盟教授)から民謡、歌謡の指導をうけ、小学生の頃から各種大会やテレビ、ラジオに数多く出演。又、老人ホームや福祉施設等の慰問で、唄う事の素晴しさを学ぶ。

12歳の時、テレビ朝日「全国ちびっ子大演歌大会」で優勝。14歳では、プロアマチュア参加の「歌謡選手権大会」で優勝。そして高校1年の時、「NHKのど自慢全国チャンピオン大会」で優勝。最年少のグランドチャンピオンとなる。

プロデビューの誘いが数多くなるが、幼い頃からの夢であった福祉の仕事を経験し、趣味で続けていたエアロビクス、ジャズダンスをアメリカで勉強し直しインストラクターとして活動。又、民謡の各種大会で数々の優勝を重ねながら歌の道に進む。文化交流として中国等への外国公演、市民講座やセミナー、CM出演、パーソナリティ、バンドを組んでのライヴ、各ミュージシャンとのコラボレーション等、活動の幅を広げる。各市町村の記念曲や日本民謡のレコーディングも数多い。

よなは徹

よなは 徹 -Toru Yonaha-

沖縄県北谷町に生まれた、島うた界における若手実力派歌者・よなは徹。 琉球古典音楽野村流音楽協会 師範 光史流太鼓保存会 教師 沖縄三板協会 理事

数多くの賞を受賞した琉球古典音楽の師範として、更に国指定重要無形文化財『組踊』の伝承者としても多くのリスペクトを浴びる。 ヨーロッパから南米まで世界各地での公演をはじめ、森山良子、スピッツ、MONGOL800等とのポップスアーティストとの競演、ビートルズのカバーアルバムへの参加。 琉球古典・島うたと言うフィールドを越えた活動で沖縄音楽界を支える一人と言っても過言では無い。

作品紹介 昨年3月発売の貴重な楽曲も数多く収録した琉球古典音楽集「Roots~琉楽継承 其の一」に続く 続編「Roots~琉楽継承 其の二」はより本格的な琉球古典音楽に真正面から取り組んだ挑んだ意欲作で 平成28年度文化庁芸術祭参加作品に選出される

Copyright© Ezo'n Music All rights reserved.